会場に入場する際、いただいたパンフレットによると

豊橋で手筒花火が始まったのは、 今からおよそ450年前 

吉田神社に保存されている記録にあるそうです。

長く継承されている花火文化、「あっぱれ!」であります。

手筒の他にも、台物といわれる木枠神輿に花火を乗せた 大筒・乱玉

ロープの上を花火が走る 綱火 と呼ばれるものがあり、当日も披露されました。

さすがに 綱火 は三脚無しでは無理でした。

oodutsu mikoshi oodutsu mikoshi 2

大筒・乱玉が神輿に乗せられて、会場に入ってきました。勇ましい姿です。

130914_odutu_furikomi_r w580.jpg

大筒にかぶさっている方は「釜取り」というそうです

130914_odutu_furikomi_r_2 w580.jpg

火の付いた棒で「振込み」役が儀式にのっとり点火します

130914_odutu_1 w580.jpg

大筒、吹き上げる火柱

こちらも豪快であります。

素晴しい花火を見ることができました。



人気ブログランキングへ