7/20、豊橋での三遠の会の後

豊橋祇園祭の打上げ花火撮影会に参加しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豊橋祇園祭は江戸時代の日本三大花火

江戸時代 

吉田の花火(現在の豊橋)

市川の花火(山梨)

水戸の花火(茨城)

が日本三大花火大会と称されていました

享和2(1802)年に吉田を訪れた南総里見八犬伝で有名な滝沢馬琴自身の旅行記の中で

「今日の吉田の花火天下一」と称賛していました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とパンフレットにあります。

豊橋の花火と言えば手筒花火も有名ですが、どうやら前日にあったようです。

手筒花火の迫力も体感してみたいものです。

三遠の会・豊橋組み 町の気のいい箱屋さん 頼りになる箱屋さん

撮影会の段取りをして下さいました。感謝です。

実は、打上げ花火の撮影は今回が初めて。

加藤先生をはじめ経験豊かな皆さまにカメラの設定を教えていただきながら

レリーズの代わりにリモコンを駆使しいざ撮影。

花火は19時前から21時前まで・・・何発上がったのだろう。

翌日、帰宅して撮影したものをチェック・・・

OH MY GOD!

リモコンのタイミングを計ることに気を取られ、ピントに気が回ってなかった・・・

前半部分はピントが甘く・・・(汗)

130720_toyohashi hanabi

豊橋祇園祭 仕掛花火

しかしこれを撮影する時、フォーカスし直したのでこの後は何とか・・・

130720_toyohashi uchiage_hanabi

豊橋祇園祭 打上花火

その日の勉強会で習った Potoshop の編集機能 を使って 2枚を合成。

迫力、伝わるかな?



人気ブログランキングへ