きものクリーニングの嵯峨乃や さんのお客さまである着物の先生:多々良恵子さんとお話する機会をいただき

和装履物(・・・つまり草履)について勉強させていただきました。

多々良先生は、恵雅(けいが)文化教室を主催され、健康づくりアドバイザーをされています。

美は足元から・・・

男性用和装履物

男性用和装履物

女性用和装履物

女性用和装履物

履物を目の前にして先生のご説明を聞くと・・・なるほど!良く考えられています。

履物と足袋の関係、鼻緒のこと、着物姿をより美しくみせる工夫 など

非常に奥が深いです。日本文化、洗練されています。

良いものは内側には桐材が使われているのですね。



人気ブログランキングへ