父の日のプレゼントに長男が扇子をくれました。

京都の専門店で買ってくれたみたいです。

Kyoto folding fan

京扇子(表)

Kyoto fan (back)

京扇子(裏)

美しい 扇面に舞う銀蜻蛉。私好みです。

「粋な親父であってくれ・・・」そんなメッセージが含まれているのか(笑)

ここで京扇子とは、

京都扇子団扇商工協同組合が有する地域団体商標

扇面・扇骨・仕上加工とも国内生産されたもので、京都を中心として生産された商品に限ると

扇子メーカーのHPに記載されていました。商標だったのですね。

扇子(扇、おうぎ)の始まりは、平安時代まで遡るようで

「木筒」という木の薄い板を何枚かつないで、現在の形にしたものが始まりとか。

この薄い板はで作られたいたので檜扇(ひおうぎ)と呼ばれていました。

その後、竹や紙で作られた紙扇が生まれ輸出されるようになり、中国からヨーロッパに渡ります。

ヨーロッパで進化をとげたものが逆輸入され、絹扇(きぬせん)が生まれることになります。

丁寧に作られる部品の集合体としての扇子は、素晴しい造形の塊りです。

扇子の要

扇子の要の曲線美

扇子の持つ、螺旋階段

扇子の持つ螺旋階段

部品の持つ点が見事な線に、細やかな仕上げだからこそなせる技ですね。

扇子の扇骨

薄く加工された扇子の扇骨

扇面の山谷の繰り返し

美しい山谷の繰り返し

この妥協のない美しさ ゆえ、何百年も愛される道具なのですね。


人気ブログランキングへ